カントリータウンの物語

Marieです。

Happy Valentine’s Day

日本では、女性から男性にチョコレートを贈る日ですが、欧米では男女関係なくチョコレートやお花を贈りあって、大切な人との愛を確認する日。と言うのは有名な話ですね。

私も昨夜は、娘のチョコレート作りを手伝いました。
娘が成長してしまったらできないかもしれない「一緒に楽しくバレンタインのチョコレートを作る。」という時間を楽しみました。

kitchen

娘には、たくさんの色々な経験をして、大きく美しい心を持った女性に成長してほしいと思っています。

私も、親のおかげで自由奔放にのびのびと暮らしてきました。
海外にも行かせてもらい、日本とは違う文化を沢山経験しました。そして今の仕事に就いてからも、たびたびカナダのSurelog Homes社を訪ね、仕事だけでなく、現地のスタッフの家を訪問したり、休日一緒に出掛けたりと貴重な経験をさせてもらいました。

canoe2

その時に、見たり、聞いたり、感動したりした話や出来事を、物語風にまとめたものがあります。

ラジオドラマ風に仕立てた、1話が3分程度の短い物語です。

全部で31話分ありますが、どれも実際の経験をもとに、私たちカントリータウンのスタッフが理想とする、「カントリータウン」を舞台に書いた物語です。

現在ホームページで、少しだけ視聴できるようになっています。

=視聴はこちらから=

家の建築を具体的にお考えの方には、31話が入ったDVDをプレゼントしています。

私たちカントリータウンスタッフの、毎日の暮らしに対するこだわりが少しでも伝わると良いのですが・・・

興味のある方は、是非聞いてみてください。

 

デザイン住宅の カントリータウンアンドカンパニー株式会社

 

 

 

投稿者: marie

この仕事に携わりもう26年。 カントリーハウスに住み始めて15年。 母になって11年・・・ まだまだ未熟な私ですが、この仕事やプライベートで経験した素敵なライフスタイルをご紹介していきたいと思っています。