ご見学お待ちしています

Marieです。

そろそろ梅雨も明けるのでしょうか。

私は涼しくてこんな夏があってもいいと思うのですが、日照時間が足りないと困る方もいるでしょうし、やはり自然は自然であるべきだと思います。環境破壊をしてきてしまった人類。未来をちゃんと見据えて、生活スタイルを見直さないといけない時なのかもしれないですね。

もう遅いのかな・・・

今日は、曇り空のカントリータウンです。

私はこの仕事を始める前はカナダで日本人旅行客を案内する現地ツアーガイドをやっていた経験があります。私が居たのはトロントの近くのナイアガラの滝周辺だったのですが、カナダ国内を周遊するツアーで、ナイアガラの滝を見た後に、「赤毛のアン」の舞台となった、プリンスエドワード島に行くツアーも人気でした。

そして、当社のポールさんは現在、「赤毛のアン」の作者が描いた別の物語、「アボンリーへの道」にはまっています。実写のドラマなのですが、大変人気のあった作品のようです。

私はまだちゃんと見ていないのですが、生活スタイルがとってもスローで、お料理をする事、お裁縫をする事など、ささいな日常を全力で楽しむスタイル。古き良き時代を舞台にした感動的な物語はもちろん、映っている日用雑貨や道具、衣装どれもが素敵なのだそうです。

新しい生活様式が求められる今。外に出掛ける事ばかりが楽しいのではなく、家族と共に過ごす、何気ない日常を、全力で楽しむ方法が沢山ある事をそのドラマから学べるかもしれません。

「アボンリーへの道」皆さんもよかったらどうですか?

日本の動画配信サイトなどで見る事が出来ます。

 

さて。現在カントリータウンでは、「安心安全見学会&相談会」を開催中です。

「家を欲しいけど、いったい何をどうしたらいいんだろう?」

そんな疑問をお持ちでしたら、ぜひお気軽にお尋ねください。

家作りの流れをいちからわかりやすくご案内します。見学も完全予約制で、他の方と重ならないようにお時間をとりますので、お子様でも、ご年配の方でも安心してご見学いただけます。

詳しくはホームページをご覧ください。

 

カントリータウンの新しいスタッフ。

うさぎの「ピー太」(みどりちゃんを改め、ピー太になりました。)

は、かなり懐いてきました。

 

手から人参やキャベツを食べるし、なでなでする事も出来るようになりました。

と~っても可愛いです。

カントリータウンご見学の際には、もしかしたらピー太にも会えるかもしれません。

ピー太も一緒に、皆さんのお越しをお待ちしています。

 

デザイン住宅の カントリータウンアンドカンパニー株式会社

 

投稿者: marie

この仕事に携わりもう24年。 カントリーハウスに住み始めて13年。 母になって9年・・・ まだまだ未熟な私ですが、この仕事やプライベートで経験した素敵なライフスタイルをご紹介していきたいと思っています。