足場が取れた!

皆さん こんにちは。

 

自宅のミモザの苗木にいた、キチョウのサナギたち。

先日、まだ薄暗いうちに見てみると、無事、4匹とも羽化していました。

翅を乾かしているのか、近づいてもじっとしていて、その後、明るくなった頃に再び見に行くと、1匹・2匹と飛び立っていきました。

子供の頃以来に見た光景に、久しぶりに楽しませてもらえました。

 

さて、現在建築中のレンガの家。

昨日、外部の足場が取れ、外観が現れました!

反対側は折れ屋根にして、屋根の掛った広いデッキスペースがあります。

とても素敵に仕上がったと思います。日本ではないようですよね!

 

そしてモルタル造形の扉も塗装が終わりました。

とてもいい風合いです。

 

これから、内部の仕上工事に入ります。

完成まで、もうひと息です!!

 

デザイン住宅の カントリータウンアンドカンパニー株式会社

梅雨明け

Marieです。

関東は今日梅雨明けしたそうです。夏本番です。

お隣の畑では、さすがに暑すぎるのか・・

向日葵も、お日様のいない方を向いていました・・・暑そうです。

先日は、日頃お世話になっている、

アンフィーユさんからベーグルをいただきました。

ベーグルパンは硬めのパン。という印象があったのですが、アンフィーユさんのベーグルはもちもちでやわらかくとってもおいしいんです。

今年の秋も当社の敷地でアンフィーユさん主催のマルシェをやる予定があります。お楽しみに・・・

また、別のお世話になっている方からは手作りの紫蘇ジュースをいただきました。

おしゃれなボトルに入れられていて、グラスに注いだときの赤色がとても綺麗で、梅のような味わいのおいしいジュースです。

こんな風に、日陰のテラスで、冷たいジュースやコーヒーと一緒においしいベーグルパンをいただく。

とても幸せなひと時でした。

休日の早朝、もっともっと空気の澄んだ、涼しい時間にこんな風に朝食を食べられたら素敵ですね。

毎日の何気ない時間を楽しめる家を造っています。

 

デザイン住宅の カントリータウンアンドカンパニー株式会社

 

心を込めて

皆さん こんにちは。

今年の春、自宅の庭に小さな苗木で植えたミモザ。

梅雨に入り、雨が続いていたので、もう水遣りもしなくて大丈夫かなと安心していたのですが、晴れた日が数日続いた後、ふと見ると上の方が枯れていました・・・

水遣りを怠ったせいでしょうか。成長を楽しみにしていたのですが、反省です。

でも、よ~く見ると、何かが4つ、ぶら下がっていました。

幼虫がいたことも、全く気が付きませんでした。

たぶん、マメ科の葉が好きなキチョウのサナギでしょうか?

今度は、無事、羽化してくれることを楽しみにしたいと思います。

 

 

さて、現在建築中のレンガの家。

建物の一部に、モルタル造形を取り入れています。

 

真剣な眼差しの職人さん。

今度は何を作っているかというと・・・

 

 

アンティーク調の扉なんです。

私たちの希望に対して、職人さんも、こうしたらどうでしょう?とアイデアを出して心を込めて作ってくれ、1つ1つ作品が仕上がっていきます。

塗装が仕上がると、どうなるでしょうか。

お楽しみに!!

 

 

デザイン住宅の カントリータウンアンドカンパニー株式会社

フォルクスワーゲン・ライフスタイルブック

Marieです。

ここのところ真夏のような暑さで、今日も朝から良く晴れて、お隣の畑に植えられたひまわりもまっすぐ上を見上げています。

と・・・思ったら。

夕方になって突然、激しい雷雨がやってきました。

カントリータウンのある場所は群馬県です。

群馬県は昔から上州と呼ばれていて、「上州雷空っ風」という言葉が根付いているのですが、夏の夕方に来る雷雨と冬の赤城山から吹き降ろしてくる強い乾燥した風が有名な場所です。

今日はとっても夏らしい、これぞ「群馬の夏」という感じです。。。梅雨はどこへ行ったのかな?

 

さて、先日はクロニクルブックス・ジャパンという出版社から「小屋を愉しむ本」という雑誌が発売されましたが、続いて同じ出版社から「フォルクスワーゲン・ライフスタイルブック」という雑誌が発売されました。

この雑誌には当社のヴィンテージハウスが背景に使われています。

雑誌自体の大きさも通常の雑誌より少し大きめでとてもかっこいいです!

表紙の背景は、群馬県赤城山にある風車のある公園です。

まるで外国映画に出てきそうなワンシーン。

かっこいいライフスタイルを楽しむなら、当社のヴィンテージハウスはとてもおススメです。

毎日の何気ない時間を楽しめる家を造ります。

 

デザイン住宅の カントリータウンアンドカンパニー株式会社

 

 

 

開店準備中

皆さん、こんにちは。

 

先日お引き渡ししたナチュラルデザインハウス。

オーナーさんが、家具を入れたりカーテンを付けたりと、着々と準備を進めています。

 

そう。

これは住宅ではありません。カフェなんです。

小ぢんまりした大きさの、とっても可愛らしいお店に仕上がって、建物自体が看板になりますよね!

動物が大好きなオーナーさんが、ペットも一緒にくつろげるお店を作りたいとの夢を叶えたカフェです。

 

サイフォン珈琲とケーキやマフィンを頂けるカフェで、来月、8月にオープンできるよう準備を進めています。

オープンが正式に決まったら、またブログなどで詳しい情報をお知らせします!

 

 

店舗として建築をお考えの方も、ぜひ、お問い合わせ下さい。

素敵なお店を提案させて頂きますね!

 

デザイン住宅の カントリータウンアンドカンパニー株式会社

小屋を愉しむ本 

 

Marieです。

事務所に、雑誌が届きました。

開けてみると・・・

中から一見クラフト紙・・・もしくは何かのカタログのようにも見える渋い表紙の雑誌が2冊。

「小屋を愉しむ本」発売になりました。

 

クロニクルブックスジャパンという出版社から7/3に発売になった小屋マガジンです。先日当社に取材依頼が来て、沢山写真を撮影していってくれました。

ヴィンテージハウスやタイニーハウス、ガーデンシェッドを取材していただき、とってもおしゃれに仕上がっています。

当社だけでなく、いろいろなメーカーさんの小屋や海外の小屋・・・ヴィンテージなかっこいいアイテム等が紹介されていてわくわくします。

是非、みなさんも書店で手に取ってみてください。

昨日は、この雑誌の中でも取材されている、素敵なガーデンライフを楽しんでいるご夫婦のお庭に少しだけお邪魔してきました。

↑1年前くらいに当社のガーデンシェッドを建てていただきました。この写真はまだ完成したばかりの頃ですが、今は内装も仕上がってさらに使い勝手が良さそうになっていました。バラがたくさん植えられたお庭も見るたびに変化しています。

ご夫婦がこだわって造り上げた空間は、とても居心地がよく時間がゆっくりと流れているように感じました。

お気に入りのものだけを厳選し、自分たちで造り上げていくこだわりのライフスタイル。いいですね。

ガーデンシェッドやヴィンテージハウスのキット販売もしています。

 

デザイン住宅なら カントリータウンアンドカンパニー株式会社

 

つながる

皆さん こんにちは。

今日は7月1日。

今年も、もう半分が過ぎました。あっという間ですね。

年をとるごとに、時間の経過が早くなっていると強く感じています。

 

アメリカの、絵本作家やガーデナーとして有名なターシャ・テューダーも、

「 人生は短いから、不幸になってる暇なんてないのよ 」

と言ったそうですが、本当にそう思います。

1日1日を大切に、そして私たちに夢を託して下さるお客さんとの出会いに感謝していきたいと思います。

 

お客さんから建築を依頼されて、プランを考える時。

とても、とても悩みます。

数日考えても、まとまらないことも。

お客さんから伺った様々なことを書いたノートや、現地の風景を何度も何度も見返して、にらめっこして、描き直しながら考えます。

そしてようやく原案がまとまって、正式な図面が描き上がると、改めてスタッフみんなで見て、またみんなのアイデアを織り交ぜて描き直して・・・

 

スタッフみんなでアイデアを出し合って作り上げたプラン。

もちろん自信作なのですが、お客さんに見て頂く時は、とてもドキドキします。

テストの結果を待つ心境でしょうか。

 

なぜこんなプランにしたのか、お客さんの暮らし方や周りの景色なども踏まえて説明していくと、リアルに想像できたのだと思います。

お客さんが笑顔で答えてくれます。

私たちと想いがつながった!と感じる瞬間です。

 

私たちが描いていく図面には、オーナーご家族が幸せに楽しく暮らしている姿を願う私たちの愛情が、1枚1枚たっぷり詰まっています。

 

 

デザイン住宅の 「 カントリータウンアンドカンパニー株式会社 」

メロディ

Marieです。

今日も曇り空です。

時々、日がさすので蒸し暑くなってきました。

カントリータウンでは現在カフェの基礎工事が進んでいます。

ちょうど敷地の真ん中あたりに建築される予定で、現在カントリータウンは工事の音がにぎやかです。

 

 

先日、我が家では念願のピアノが設置されました。

11年前に家を建て替えた時に、古いピアノを手放してしまって、それ以来我が家に似合うピアノが欲しくてずっと探していました。

縁あって、知人から譲り受けたピアノが我が家のリビングに置かれました。

色合いも、我が家の柱や梁に似ていてとても良い感じです。

私が、ここでピアノを練習していると、娘も興味をもったようで、ピアノを弾きたいと言ってきます。

少しずつ教えて、近い将来二人で連弾するのがささやかな夢になりました。

もうずっと弾いていなかったので、思うように音符を追えないのですが、右手の音と、左手の音と、両方の音が綺麗に合わさった時にできるメロディがとても心地よく楽しく感じます。

家を建てることも同じで・・・我々スタッフや、実際に現場で仕事をしてくれる職人、そして私たちを信じてオーダーしてくれたお客様、皆の思いがひとつになって、素敵なメロディが奏でられるように、素敵な家が完成します。

私たちは、機械生産ではできない、1棟1棟手造りの心のこもった家を造り続けたいと思っています。

建築やリフォーム、庭造りをお考えの方は是非一度カントリータウンへお越しください。

 

デザイン住宅の カントリータウンアンドカンパニー株式会社

 

梅雨の中休み

皆さん こんにちは。

昨日は、30度を超える好天となりました。

梅雨も中休みなのでしょうね。

 

雨の多い時期は、水遣りが少なくて済むのですが、その分、雑草も良く成長します。

雨の降らない日は、早朝の涼しいうちから庭に出て、手入れをするのですが、地面に少し水分が残っていて土が柔らかく、雑草も抜きやすいのでオススメです。

 

カントリータウンでは、「 晴れているうちに、急げ!」という声が聞こえてきそうなぐらい、たくさんのチョウたちが、賑やかに花から花へと飛び回っています。

仕事の合間や休憩時間など、ちょっと一息という時に庭に出て、こんな光景を目にすると、疲れも忘れて、ほっこりと嬉しくなります。

ちょっとしたことですが、たくさんたまっていけば、大きな幸せになりますよね。

皆さんにも、そんな小さな少しずつの幸せが、たくさん積み重なるような暮らしを提案したいと思います。

 

デザイン住宅の カントリータウンアンドカンパニー株式会社

雨の日

Marieです。

今日は梅雨らしいお天気です。

カントリータウンの事務所は、タイニーハウスが1人1軒の事務所になっていて、敷地内に点在している形なので、雨が降ると、ほかのスタッフに書類を届けたり、打合せでモデルハウスに集まったりするたびに、傘をさして移動しなくてはなりません。

悪く考えると面倒にも思えてしまうのですが、そこは視点を変えて、傘にあたる雨粒の音や、しずくで光る綺麗な草花、雨の香りを楽しみながら移動をしています。

雨に濡れた窓辺の景色も意外と好きです。

そういえば、20年も前の話ですが、カナダに住んで居た頃、カナダの若者は傘をさすのを格好悪いと言っていました。傘をさすのなんておじいちゃんのやることなんだそうです。若者はみんなさらりとフードをかぶって足早に移動します。
日本では色とりどりの素敵なデザインの傘が売っていて、ファッションのひとつとして楽しんでいるのに。文化の違いにびっくりした記憶があります。

 

雨が降ると。

私は洗濯物に困るのと子供の体力がありあまってしまうのが困りますね・・・

でも、当社が造る建物は自然素材の家なので、室内はカラッとしています。随所に使われた無垢の構造材や板材が湿気を吸ったり吐いたりしているからです。

雨の日や、暑い日などは特に体感できるのですが、室内の空気は乾燥しています。だから意外と、洗濯物は部屋干しをしてもよく乾きます。

当社のモデルハウスのような家だったら・・・

広い家事室がありますので、洗濯物はリビングに持ち出すことなく、家事室で乾かして、アイロン掛けして、すぐに収納できます。私にとっては、憧れのランドリールームです。

子供の遊び場もあります。

リビングから梯子を上ったロフトが子供スペースに最適です。

ゴロゴロしながら絵本を読んだり、ゲームをしたり。太い梁にブランコを吊るしたら、室内でも元気に遊びまわることが出来ます。

10年前に当社のスタッフに建ててもらった、とても素敵なカントリーハウスに住んでいる私ですが、モデルハウスを見ると、「こんな家も素敵だな~」と毎回思ってしまいます。

建築やリフォームをお考えでしたら、ぜひ一度当社のモデルハウスも見に来てください。毎日の生活を楽しむアイデアが沢山あります。

素敵な庭も作ります。

 

デザイン住宅の カントリータウンアンドカンパニー株式会社